シロアリはどこからやってくる?~嫌われ者の侵入経路~

どこからともなく家に侵入してくるシロアリ。外注で家に大きな被害をもたらすことから、早い段階でシロアリ駆除が必要になります。シロアリ駆除が必要になるタイミングになるまでに対策を立てるには、

侵入経路をチェック

しておくのが有効な対策です。

シロアリが家に侵入するまでの道のり

いつの間にか家にシロアリが入っているのですが、どこから侵入しているのですか?
シロアリの主な侵入経路は住宅の床下からです。基礎がコンクリートの住宅でも、配管の隙間やコンクリートの劣化によるひび割れから侵入することができます。庭や敷地内の樹木がシロアリ被害に遭っている場合は、住宅にも入り込んでいる可能性があります。
自宅の電灯にシロアリが群がっていて怖いです。家まで飛んでくることはありますか?
シロアリの中には、大きな翅で空中を飛ぶことができる羽アリがいます。日本全土に生息しているヤマトシロアリは4月~5月の昼間、イエシロアリは6月~7月の夜間に電灯めがけて飛来しています。そのため、屋根や外壁の隙間から住宅に侵入してきます。 シロアリ被害

シロアリはゴキブリの仲間!?普通のクロアリとの違い

シロアリはアリと名前がついていますが、ゴキブリ目シロアリ科の昆虫です。蟻と生活様式が似ているために、仲間と勘違いしている人もいますが、よく観察してみると体の作りが異なります。シロアリと蟻の体の特徴をみてみましょう。

シロアリ
触角は数珠状になっていて、翅は左右2枚ずつで前翅と後翅が同じ大きさをしていることが特徴です。そして、胴体はくびれがなく寸胴なスタイルをしています。
クロアリ
蟻の触角は「く」の字に曲がっていて、翅は後翅より前翅が大きいのが特徴です。そして、蜂のようにくびれています。

賃貸物件で発生したシロアリ~シロアリ駆除の責任はどこにあるのか~

大家さんに相談すれば対処してくれます

賃貸アパートで生活をしていると、虫によるトラブルが発生することもあります。シロアリによるトラブルが発生した場合の対処法を、把握している人は少ないのではないでしょうか。トラブルの原因が、掃除をせずに不衛生な状態にしている場合は借主側にありますが、それ以外は大家さんが責任を持ち駆除することが一般的です。ちなみに、駆除ではなく予防を行う場合は、借主側が負担することになります。

価格はそれぞれ負担することもある

シロアリ駆除価格は、相場も計算方法も異なってきます。薬剤を撒くべリア工法と薬剤を撒かないベイト工法では、相場も計算方法も全く違います。被害状況によっては高額な費用がなることもあり、借主と大家さんでシロアリ駆除価格を折半するケースもあるため、携帯やデジカメで証拠写真を撮影しておきましょう。状況によっては証拠写真があっても大家さんが全額負担できないケースもありますが、証拠があることで交渉が有利になります。

男女

シロアリを見つけたらすぐに駆除!最適な時期を知ろう

シロアリ駆除は、時期によって向き不向きがあります。

より効果的な対策 を行うなら、最適なシロアリ駆除時期を見極めることも大切です。

シロアリ駆除の最適な時期に関するQ&A

シロアリは冬の時期は活動をしないと聞きました。動きが活発になる夏場まで駆除を待った方が良いですか?
最近は暖房器具が発達しているため、冬でも室内は暖かい環境にあります。そのため、シロアリ駆除は季節や被害状況に関係なく、被害が発生している場合は、早めに対策をしたほうがいいでしょう。また、予防を計画している場合も、冬の時期を待たずに今すぐに施工したほうが効果的です。
シロアリが活動しやすい環境や場所と、目でシロアリの姿を確認できる時期について知りたいです。
気温が20度を超えると活動を始め、住宅の柱の中や床下、壁の中で発見することができます。そして、年に1度の巣から飛び立つ飛行時期は、比較的発見しやすいでしょう。飛行時期は、ヤマトシロアリなら4月~5月、イエシロアリなら5月~7月にかけてです。
Back To Top